異業種交流会の流れ

投稿者: | 2017.06.06

異業種交流会は、専門で主催している会社がある場合と、いくつかの会社が合同で開催している場合があります。

いずれも地域のフリーペーパーや、インターネット上のサイト、アプリなどで開催日時やその他条件などを掲載して、参加者を募るのが一般的です。日時や会場、内容などをチェックして、予約を入れます。

当日は、受付で参加費用を支払い、名札や番号札を受け取ります。参加者名簿が配られる場合や、参加者の名簿が会場に並べられる場合があり、それらをチェックして、自分で興味のある人を探して話しかけるという流れです。全員がお互いに話ができるように、一定時間、決められた人やグループと話し、のちにフリータイムが用意されているというケースもあります。

異業種交流会は、いわば名刺交換会のようなものなので、必ず名刺を携帯していくようにしましょう。

異業種交流会はビジネス上の出会いを求めるものなので、グルメ婚活パーティーのような華やかさはなく、会場はいたってシンプルな場合が多いものです。会議用の長机に、ペットボトルの飲料と紙コップだけが置かれているなどというケースも珍しくありません。

交流会で名刺交換をし、気になる相手が見つかった場合は、そのあとも積極的に自分からコンタクトを取るようにしましょう。小さなつながりがやがて大きな世界へと導いてくれるかもしれません。